プリント、刺繍等の加工について


プリント、刺繍等の加工について弊社では以下の方法にて承っております。

1.シルクプリント
綿、化繊等を問わずあらゆる衣料にプリントされている一般的な加工方法です。
メリット:安価で大量生産向き。調色ができるので細かい色指定が可能
デメリット:ブリード素材には不向き。フラットでない部分(裏地付き、綿入り、段差、ステッチをまたぐ等)へのプリントは難しい
シルクプリント加工の詳細についてはこちら

2.カッティングシート転写プリント
綿、化繊等を問わずブリードする生地にも対応、更に綿入りや段差のある素材にもプリント出来る加工方法です。
メリット:発色が良くあらゆる素材、縫製品に加工可能。
デメリット:既存のカラーシートを使用のため細かい色指定の対応は難しい。またデザインによってはカストリ作業不可のものもあり
カッティング転写プリント加工の詳細についてはこちら

3.カッティングシート転写プリント(熱圧着無し)
ヘルメット、ボトル、マグカップなど滑らかな面にプリントできる加工方法です。
メリット:発色が良く、小物などにプリントできる。
デメリット:既存のカラーシートを使用のため細かい色指定の対応は難しい。またデザインによってはカストリ作業不可のものもあり
カッティング転写プリント加工(熱圧着無し)の詳細についてはこちら

4.トナー転写プリント
綿、化繊を問わずあらゆる生地に対応、フルカラープリントが可能。
メリット:濃淡が綺麗に出る、細かいデザイン向き。デザインの再現性が高い。
デメリット:蛍光色など鮮やかな発色が難しい。他のプリント方法に比べて高価。
トナー転写プリント加工の詳細についてはこちら

5.ネーム刺繍
個人名、団体名などの文字のみの刺繡
メリット:指定のフォントから選ぶだけで簡単、綺麗な仕上がり。
デメリット:指定外のフォントは選べない。文字以外は刺繍できない。大きさに制限あり。
ネーム刺繡加工の詳細についてはこちら

6.オリジナルデザイン刺繍
ロゴやイラストなど自由度の高い刺繍加工
メリット:特殊なフォントでも刺繍できる。大きな刺繍もOK
デメリット:細かいデザインの再現が難しい。大きいサイズになるほど高価。
オリジナルデザイン刺繍加工の詳細についてはこちら

7.ワッペン加工
オリジナルワッペンが作れる
メリット:他の加工のようにボディを用意する必要が無い。
デメリット:細かいデザインの再現が難しい。大きいサイズになるほど高価。
ワッペン加工の詳細についてはこちら

※ブリード素材とはポリエステル等で、熱圧着をすると生地の染料が浮いてデザイン色に影響を及ぼす素材をいいます。